HOME>注目記事>まぶたが垂れ下がるのは病気なので治療が必要

形成外科や美容外科を探そう

眼

昔の写真と現在の鏡に映った自分を比較してみて、まぶたが下がってきていると感じているのなら、眼瞼下垂を疑ったほうがよいでしょう。眼瞼下垂はものが見えにくくなるだけではなく、それが原因でさまざまな不調が起こってしまう病気なので、早めに治すことを考えたほうが安心です。もしも、眼瞼下垂を治したいのなら、手術が必要になるので、まずは対応する形成外科や美容外科を探しましょう。それほど珍しい病気ではないため、たくさんの病院やクリニックが眼瞼下垂に対応しています。したがって、いろいろな医療施設が見つかるはずなので、その中から評判がよいところを見つけて、まぶたを診察してもらいましょう。

保険で治療してもらえる

鏡を見る女性

眼瞼下垂だという診断がされたのなら、保険を利用できるので、形成外科なら安価な費用で手術を行うことができます。保険を適応させれば、両方のまぶたを手術したとしても10万円かからない場合もあるため、それほど負担にはならないはずです。ちなみに、人によっては高額療養費制度を利用することができるので、治療費をさらに安くすることが可能です。高額療養費制度を上手く使いたいなら手術のタイミングも大事になるため、概要をしっかりと調べてから、眼瞼下垂の治療を受けることをおすすめします。

美容外科は高いけれど見た目を考えてくれる

女性

目というのは身体のなかで目立つ部分なので、まぶたもかなり目立っていることになります。そのため、まぶたを手術することで見た目が大きく変わり、違和感がでるのではと不安に感じる方もいるでしょう。そのときは、美容外科を利用して、見た目をきちんと考えた眼瞼下垂の手術を行ってもらうことを考えたほうがよいです。美容外科は保険は利用できませんが、見た目を考えて手術をしてくれるため、誰から見ても違和感のないまぶたを手に入れられます。

広告募集中